一般財団法人 日本助産評価機構による助産師個人認証制度のご案内です

制度概要

  • HOME »
  • 制度概要

助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー/CLoCMiP)レベルⅢの認証制度

制度の目的

クリニカルラダー認証制度とは、助産実践能力を審査し、一定の水準に達していることを認証する制度であり、助産実践能力が一定の水準、つまり助産実践能力習熟段階クリニカルラダーレベルⅢに達していることを評価する仕組みです。

具体的には助産業務に従事しているなかで、社会の要請に応じた能力に対応する経験と必要な研修などを受講していることや助産に関する知識や技術がブラッシュアップできているかなどを確認します。

その目的は、以下の3つが挙げられます。

第1に、妊産褥婦や新生児に対して良質で安全な助産とケアを提供できることです。
第2に、この制度により、助産師が継続的に自己啓発を行い、専門的能力を高める機会になります。これにより助産師自身も、実践能力を自覚することで、より明確な目標をもつことにつながります。
第3に、社会や組織が助産師の実践能力を客観視できることにあります。

制度の意義

日本助産評価機構によるクリニカルラダーレベルⅢを認証することの意義については、以下のように考えております。

日本は、助産師の免許制度は更新制ではないため、免許取得後に、助産師個人の経験や学習による能力を知る術はありません。さまざまな、周産期医療提供環境によって、助産師の実践能力の低下が懸念されている現在にあっては、計画的に助産実践能力を強化し その能力を第三者に示すことは不可欠です。レベルⅢを認証された助産師は、「自律して助産ケアを提供できる助産師」として、公表することができます。

このことは、ケアの対象である、妊産褥婦やご家族へのさらなる信頼につながります。

組織にとっては、助産ケアの質が保証でき、その組織が提供する周産期医療機能を証明することにつながります。

産科医師にとっては、自律して助産ケアを提供できる助産師であることがわかり、適正に役割分担をすることが可能となります。

助産師個人がレベルⅢの認証を受けることで、妊産褥婦やその家族をはじめとする社会の人々に、専門職としての説明責任を果たし、助産実践の質の向上に貢献することができます。

さらに、この認証制度は5年毎の更新制ですので、助産師は自己の知識や技術をブラッシュアップすることができ、助産実践能力の維持・向上につながります。専門職である助産師として、レベルⅢを認証するこの制度は、より一層助産師の専門性を高めることに繋がります。

クリニカルラダーレベルⅢを認証された助産師は、アドバンス助産師と呼ばれます。

PAGETOP
Copyright © 助産師個人認証制度 All Rights Reserved.